まるみつブログ

座り方が腰痛の原因かも?

「腰痛に悪い座り方と良い座り方」


仕事や外出先などで一日中イスに座っていると腰が痛くなる…。そのような経験をした事がある方は多いことでしょう。「腰痛と座り方」にはとても密接な関係があるのです。


腰痛に悪い座り方とは

  • 横座り

特に女性に多い座り方で、床などに座るときに両足をどちらかにずらした座り方です。

この横座りは身体が自然と斜めになってしまうので、腰に大きな負担をかけてしまいます。

また無意識に同じ方向に足を崩すクセがつくため、負荷をかける場所も同じになり、背骨や骨盤のゆがみが慢性化してしまいます。

  • 体育座り

実は「最も腰痛になりやすい座り方」と言われています。猫背の状態をさらに前に倒した座り方になり、椎間板に負担がかかりやすくなります。さらに両膝を抱きかかえるように丸くなって座っていると、猫背に拍車がかかり、腰痛はおろか身体に無理のある体勢になるために肩こりも発症することになります。

  • ひじつきの姿勢

デスクワークをしていて、最初は姿勢を正してキーボードを両手打ち…次第に背中が丸くなり、最後には片手はあごの下に置いた「ひじつき」の姿勢…という経験はありませんか?ひじをついた姿勢を常にしていると、あごが突き出し、首、肩、背中、腰…と色んな箇所に影響が出てきますのでよくありません。

上記以外の座り方でも、椅子に浅く座ったり、あぐらや正座で骨盤を倒して座ったり、背中が丸まるような姿勢は椅子でも床でも、腰だけでなく、あらゆる箇所に負担がかかってくるので良くありません。


腰痛にとって良い座り方とは


本来、股関節は90度の位置が一番安定します。

なので、椅子に座る際はなるべく深く座り太ももの裏で身体を支えるようにしましょう。

そして骨盤が後ろに傾かないように、坐骨結節(おしりの下)にタオルを丸めたものなど入れます。

正座やあぐらは、膝より股関節の位置が上がるように、おしりの下にタオルを丸めたものを入れてあげます。座り方一つとっても、正しい姿勢で座る事正しい姿勢で座れる身体が腰への負担を減らしてくれるのです。


当院は痛みをとる治療と、私生活での姿勢やストレッチのアドバイスはもちろん、正しい姿勢でいられる身体作りも行っております。

既に辛い腰痛でお悩みの方は当院にご相談下さい。


患者さんの「健幸」と「ありがとう」の言葉のために

私たちは全力で取り組んでいきます。

平日 午前の部 10:00~14:00まで

   午後の部 16:00~20:00まで

受付しております!

交通事故治療対応・相談無料などのトータルサポート

猫背治療の専門家が施術いたします。

https://www.marumitsu-seikotsuin.com/nekoze

ギックリ腰・寝違えの専門治療。

骨盤矯正・鍼治療・美容鍼・ヘッドマッサージ・フットケア

など様々なメニューもございます。

ホームページ

https://www.marumitsu-seikotsuin.com/

〒850-0031

まるみつ整骨院

長崎市桜町3-17 

宮崎ビル101

095-820-3020

長崎駅から徒歩10分

長崎市役所バス停から徒歩2分  「割烹大判」の下

桜町電停・バス停から徒歩1分 「喫茶ルパン」から上ったところ


#長崎市オイルマッサージ

#長崎市交通事故

#長崎市交通事故治療

#長崎県交通事故治療

#超音波治療器

#長崎市猫背矯正

#長崎市姿勢矯正

#長崎市整骨院

#長崎県整骨院

#長崎市

#長崎市骨盤矯正

#長崎市坐骨神経痛

#腰痛