まるみつ整骨院の新着情報

Please reload

長崎市で創業したい方を

​★応援します★

〒850-0031 長崎市桜町3-17 宮崎ビル1F

095-820-3020

​令和1年10月31日をもちまして鍼灸治療・美容鍼灸は一時中止させていただきます。

2019/12/27

こんにちは。

まるみつ整骨院です。

年末年始のご案内です。

12/30(月)午前のみ 10:00~14:00(14:00最終受付)

        ※午後は休診とさせていただきます。

12/31(火)~1/3(金)は休診です。

1/4(土)から通常通りの受付となります。

土曜日の受付時間は9:00~14:30です。

2019/12/24

こんにちは。

まるみつ整骨院です。

当院では今月から新しく腸セラピーを取り入れました。

そこで、今回は腸セラピーについて説明していきます。

まず、腸とはどんな働きをしているのか。

腸は小腸と大腸からなり、消化、吸収、排泄に関わっている器官です。

脳からの指令なしで動くことができるため、「第2の脳」ともいわれています。

ストレスを感じた時にお腹が痛くなることがありますが、これはストレスを感じる脳と腸管に神経とホルモンを介してつながる「脳腸相関」があるためです。

さらに、腸にはほかの臓器にない固有の神経細胞が集まり、これらが働いて睡眠中も消化吸収を進めます。

腸を細かく見ていくと、小腸は十二指腸、空腸、回腸から構成され、栄養分の消化と吸収を行います。

小腸は内側が無数のヒダで覆われており、広げるとテニスコート一面分に相当する面積をもっています。

主な役割は次の3つです。

・食物の消化:消化酵素を分解し、アミノ酸やブドウ糖といった栄養素に分解する。

・栄養吸収:消化された栄養分を...

2019/11/22

こんにちは。まるみつ整骨です。

今回はリンパについて説明します。

リンパは血管のように全身に張りめぐる「リンパ管」、リンパ管の中継地点である「リンパ節」、リンパ管に流れている「リンパ液」から構成されます。

血管を流れる血液の大部分は心臓から排出され、全身を巡って心臓へ戻り、一部は体内にある細胞の隅々に酸素と栄養を届けるために動脈側の血管から外に出ます。

このとき、血管に戻れなかった水分がリンパ液になり、リンパ管を通って静脈へ戻ります。

リンパは老廃物や疲労物質を運ぶ役割をしています。この役割は主に静脈が行いますが、リンパはこの静脈に入らなかった分を、リンパ管を通って心臓へ送ります。

リンパが運ぶ物質には次のようなものがあります。

・死んだ細胞:細胞分裂を終えた細胞

・老廃物:代謝の際に出てくる体内のごみ

・タンパク質:分子量が大きいため静脈に入らず、リンパが運ぶ

・糖質:体内で利用されなかった余分な糖分

・脂肪:体内で利用されなかった余分な脂肪

・化学物質:タバコや排気ガ...

2019/11/21

11月23日(土)は祝日のため、休診いたします。

お間違えのないようお願いいたします。

患者さんの「健幸」と「ありがとう」の言葉のために

私たちは全力で取り組んでいきます。

平日 午前の部 13:30まで

   午後の部 20:30まで

受付しております!

交通事故治療対応・相談無料などのトータルサポート

「猫背矯正マイスター」を持つ猫背治療の専門家が施術いたします。

https://www.marumitsu-seikotsuin.com/nekoze

ギックリ腰・寝違えの専門治療。

骨盤矯正・姿勢矯正・ヘッドマッサージ・フットケア

など様々なメニューもございます。

ホームページ

https://www.marumitsu-seikotsuin.com/

まるみつ整骨院

長崎市桜町3-17 

宮崎ビル101

095-820-3020

長崎駅から徒歩10分

長崎市役所バス停から徒歩2分  「割烹大判」の下

桜町電停・バス停から徒歩1分 「喫茶ルパン」から上ったところ

*◆交通事故治療対応・無...

2019/11/02

11月4日は祝日の為休診致します。

お間違えの無いようお願いいたします。

患者さんの「健幸」と「ありがとう」の言葉のために

私たちは全力で取り組んでいきます。

平日 午前の部 13:30まで

   午後の部 20:30まで

受付しております!

交通事故治療対応・相談無料などのトータルサポート

「猫背矯正マイスター」を持つ猫背治療の専門家が施術いたします。

https://www.marumitsu-seikotsuin.com/nekoze

ギックリ腰・寝違えの専門治療。

骨盤矯正・姿勢矯正・ヘッドマッサージ・フットケア

など様々なメニューもございます。

ホームページ

https://www.marumitsu-seikotsuin.com/

まるみつ整骨院

長崎市桜町3-17 

宮崎ビル101

095-820-3020

長崎駅から徒歩10分

長崎市役所バス停から徒歩2分  「割烹大判」の下

桜町電停・バス停から徒歩1分 「喫茶ルパン」から上ったところ

*◆交通事故治療対応・無料相談!◆*

…...

2019/11/01

令和1年10月31日をもちまして

当院の鍼灸治療・美容鍼灸を一時中止とさせていただきます。

再開は今現在では未定です。

誠にご迷惑をおかけしますが、なにとぞご了承ください。

患者さんの「健幸」と「ありがとう」の言葉のために

私たちは全力で取り組んでいきます。

平日 午前の部 13:30まで

   午後の部 20:30まで

受付しております!

交通事故治療対応・相談無料などのトータルサポート

「猫背矯正マイスター」を持つ猫背治療の専門家が施術いたします。

https://www.marumitsu-seikotsuin.com/nekoze

ギックリ腰・寝違えの専門治療。

骨盤矯正・姿勢矯正・ヘッドマッサージ・フットケア

など様々なメニューもございます。

ホームページ

https://www.marumitsu-seikotsuin.com/

まるみつ整骨院

長崎市桜町3-17 

宮崎ビル101

095-820-3020

長崎駅から徒歩10分

長崎市役所バス停から徒歩2分  「割烹大判」の下

桜...

2019/10/25

こんにちは。まるみつ整骨院です。

今回はこむら返りについて説明します。

こむら返りは筋肉が異常に収縮してけいれんを起こす症状で、足指、足裏、太腿、胸などどこにでも発症します。

主に下半身に発症しやすく、その中でもふくらはぎに多く発症します。

日常生活では運動中や就寝中、スポーツでは水泳中に起こることが多いものです。

ふくらはぎなどの筋肉は過剰に伸びたり収縮したりすると、その動きによって痛めてしまいます。

それを防ぐためのセンサーとして筋肉には伸びすぎを防止する筋紡錘と縮みすぎを防止する腱紡錘があります。

こむら返りの場合は特に腱紡錘の働きが低下することで発症します。

腱紡錘の働きを低下させる原因としては、主にマグネシウムなどのミネラルバランスの乱れなどが挙げられています。

カルシウムとカリウムは筋収縮や神経伝達をスムーズにするミネラルで、この2つのミネラルを調整しているのがマグネシウムです。

就寝中にこむら返りを起こしやすいのは就寝中の発汗や脱水、冷えなどの血行不良に...

2019/10/01

こんちには。

まるみつ整骨院からのお知らせです。

10月5日(土)は研修のため休診とさせていただきます。

ご迷惑をおかけ致しますが、ご了承ください。

2019/09/24

こんにちは。まるみつ整骨院です。

今回はむくみについて説明していきます。

むくみとは皮下組織に水が溜まった状態のことをいいます。

よく膝に水が溜まるという症状がみられますが、これもむくみのひとつです。

膝の水とは関節液のことで、これには関節の動きを滑らかにするための潤滑油のような役割があります。

正常では1~2ccほどですが、炎症を起こすと20~50ccほど溜まってしまい、膝の張りや曲げにくいという症状が現れて様々な疾患を引き起こします。

膝の痛みのために正座が困難になり、立ち上がりや階段の上り下りなどで膝の内側に痛みが出ます。

ひどくなると夜寝るときや平地を歩いていても痛みが出るようになります。

その中でも変形性膝関節症は膝に水が溜まることで起こる代表的な疾患です。

これはO脚で肥満気味の中高年女性に多くみられます。

膝に水が溜まる原因としては

・軟骨に傷がついている

・関節内で炎症が起きている

・骨を含めて関節のどこかに傷がついて内出血を起こしている

ということが考えられ...

2019/08/20

こんにちは。まるみつ整骨院です。

今回は五十肩について説明します。

五十肩は40~50代に現れやすい症状で、筋肉ではなく関節に問題が起こり発症します。

はっきりとした原因はわかっていませんが、主に日ごろから肩にかかっている小さな負担の積み重ねで痛めることが多いといわれています。肩に負担がかかりすぎると関節に付いている筋肉の腱とその周囲が炎症を起こし、そのなごりで癒着を起こして滑りが悪くなるので関節の動きも悪くなります。

このためにある日突然肩関節を動かすことで激痛が起こり、シャツの着脱が難しくなったり頭の後ろで髪を結う動作や腰の後ろで帯を結ぶ動作ができなくなるのが特徴です。

五十肩は利き腕に関係なく左右どちらにも起こるものですが、両肩同時に起こることはあまりありません。しかし、痛いからといって肩を動かさなくなってしまうと周りの筋肉が硬くなり、余計に肩があがらなくなって痛めていない方の肩にかかる負担も大きくなり、両肩へと症状が広がっていく可能性もあります。

この...

Please reload