骨盤矯正

このような症状でお悩みではありませんか?

足のむくみや手足の冷えが気になる

お腹ぽっこりしてきた

んでも疲れがなかなかとれない

痛むことが増えてきた

集中ができず、仕事の効率が悪くなった

よくギックリ腰になる

体の右側又は左側ばかり痛くなりやすい

左右の脚の長さ骨盤の高さ、肩の高さが違う気がする

交通事故大きなケガの後遺症が消えない

骨盤が歪む原因

骨盤が歪む原因としては、立つときのクセ(片脚に体重をかけるなど)や座るときのクセ(脚を組むなど)、日常生活のクセ(利き手ばかり使うなど)といったことが挙げられます。

「気が付いたら骨盤が歪んでしまっていた!」 なんてことも多々あるのです。

これらは、どの歪みの種類の原因にもなりうる可能性があります。

姿勢と骨盤の関係はとても重要です。

骨盤の歪みやズレなどの原因

 ・いつも同じ方の手で、荷物を持っている

・足を組むときに、いつも同じ方の足を上にしている。

・無意識にいつも同じ方向を向いている

・変な姿勢で座ってしまう ・猫背になっている

・同じ姿勢で長時間、椅子に座っている

・かかとの高い靴を長時間はいている

・いつも同じ向きで寝ている

・筋力の低下 ・出産 ・ストレス 

そもそも『骨盤のゆがみ』とは?

骨盤は「仙骨・腸骨・恥骨・座骨・尾骨・大転子・大腿骨・股関節・仙腸関節」

などから形成される集合体のことを指しますが、それらのつなぎ目にズレが生じることを骨盤のゆがみと表現しています。

上の図をご覧ください。背骨や脚を繋ぎあわせている骨盤にズレが生じることで全身の姿勢が乱れることは想像できると思います。

歪みは、ねじれ・傾き・開きの3種類に分別することができ、それぞれで負担のかかる場所や症状、原因に多少なりとも違いがでます。

骨盤の歪みが引き起す症状

体質への影響

むくみ、冷え性、生理不順

肥満・疲れやすくなる・ホルモンバランスの乱れ・自律神経の失調

体質への影響

骨盤の歪みは、身体全体の骨格の歪みも発生させるために、身体のバランスが崩れてしまうことがあります。

頭痛・肩こり・腰痛

膝痛・股関節痛

猫背・O脚・X脚

内臓下垂

そのまま放っておくと…

・下半身に負担がかかり膝の痛みが出てくる

・血流が悪くなり、むくみが生じる(新陳代謝の低下)

・頭が重く、疲れがとれないなどの不定愁訴が現れる

・仕事に集中できなくなり効率が悪くなる

などの症状が頻繁に出てきたり悪化させるおそれがあります。

現在出てきている症状を改善するためにも、「骨盤の歪みを矯正すること」が重要です。

施術内容について

身体全体のバランスを調整します

仙腸関節を初め、それぞれの症状に関係する関節を滑らかに動くように全身のバランスを整えることを大切にしています。

ボキボキしないので安心。

骨や関節をボキボキ鳴らす急激な矯正は行いません。

より安全で、心地よいやさしい施術によって全身を緩め、筋肉・筋膜をしなやかな本来の状態に戻して行きます。それにより、骨と関節が正しい位置に自然に戻れるように促します。

まるみつ整骨院では、

産後の骨盤矯正も行っております!

産後骨盤矯正

産後などは特に気を付けておかないと、慢性的な腰痛になってしまう場合があります。

当院での産後の骨盤矯正の開始時期は、基本的に1ヵ月後~とさせていただいています。

妊娠中から産後1ヶ月頃までは、出産の準備をするためのホルモンの影響で通常ではゆるまない場所がゆるんできます。

確かに骨盤が柔らかい状態ですから、治療者側から考えると頑固なゆがみもリセットされて矯正もしやすいです。が・・・患者さん目線で見ると、ゆるむホルモンが出ている時には安定しずらいので、頻繁に通ったり回数がかかることになります。

1ヶ月後~2ヶ月以内から始めた方が比較的少ない回数で、早く綺麗に安定しやすいですので、当院では1ヵ月後~とさせていただいています。

骨盤矯正Q&A

Q

骨盤や背骨を調整するのに、なぜ筋肉をほぐすの?

A

関節、骨はすべて筋肉の働きによって動かされています。ですから、関節や骨格だけを整えても、筋肉を正常な状態に戻していなければ、筋肉に引っ張られてすぐに元の状態に戻ってしまうと考えています。そこで当院では、骨盤矯正の効果を最大限に引き出し、効果を持続させるために、手技によって細部の筋肉をていねいに施術することにこだわっています。

Q

骨盤矯正は、痛いですか?

A

筋肉を正常な状態に戻すためには、『気持ちいい。効いているなー』という強さの刺激が最適です。ですから、施術は全く無痛という訳ではなく、特に、筋肉が硬く縮こまっている部分はを施術するとツーンと刺激を感じる場合があります。でも、痛すぎるのは逆効果。加減をしながら施術しますのでご安心ください。また、ボキボキという急激な矯正は一切行いませんのでご安心ください。

Q

骨盤調整を受けられないのはどんな時?

A

  • 背骨など、体幹に骨折箇所があるとき

  • 妊婦さん

  • 産後1ヵ月以内(帝王切開の場合2ヵ月)

  • ギックリ腰などの急性痛(→保険適応の施術で診させていただきます)

  • 発熱時

  • その他、医師に止められている時や、当院が適切でないと判断した場合